Kギタースクール」は札幌でギタリスト辻林圭が主宰するギター教室で、クラシックギター他各種ギター・ウクレレを教えています。
ここではKギタースクールでYouTubeにアップした講師および生徒の演奏動画を紹介していきます。
たくさんのジャンルの曲をあげているのでカテゴリで見ていただくとわかりやすいかもしれません。

2017年10月19日




マリア・リンネマン作曲「Trois pièces nostalgiques(ノスタルジックな3つの小品)」より
『Un soupir 』です。
タイトルの意味はわかりませんが、ゆったりした哀し気な雰囲気のギター作品です。

2017年10月02日



有名なイギリス民謡です。

一つ目の演奏は、ジャズギタリスト関口祐二さんのアレンジで、弾きやすいアレンジになってます。
クラシックギターだけでなくアコースティックギターにも合うアレンジです。





二つ目の動画は、ルネッサンス期リュート奏者のフランシス・カッティング のアレンジです。
かなり古い時代のアレンジですがリュートやクラシックギターソロではよく知られたアレンジの一つだと思います。

2017年09月20日




昔、松田聖子さんが歌ってヒットしたJ-Pop。
初見状態で弾いているのでところどころ怪しい箇所があります。

アレンジはキヨシ小林さん。

2017年09月07日




辻林圭オリジナルギター曲。
「スパイダーカポ」というカポタストを使って作曲しました。
プーヤ・ライモンディとはペルーに咲いてる巨大なサボテンの名前で、それをイメージして作りました。スタンディング・フォームでの演奏(立奏)。



2017年08月30日




辻林圭オリジナルギター曲。
49歳の記念につくりました。



2017年08月21日




沖縄音楽ではよく知られたゆったりとした美しい曲です。

アレンジはギタリストの平倉さんです。

2017年08月10日



作曲:小野リサ

ボサノヴァ歌手で有名な小野リサさんの作品。
ウクレレにもよく合う曲だと思います。

2017年08月05日



作曲:アントニオ・カルロス・ジョビン
いわずと知れたボサノヴァ (Boosa Nova) の名曲です。
リゾート気分漂う開放感あふれるメロディーで、ウクレレにもよく合っています。
このアレンジは、クラシックギタリストの平倉さんのものです。


2017年07月23日




タイトルの"Jock O'Hazeldean"は「ヘイゼルディーンの兵士」という意味のようです。
日本ではあまり知られていないスコットランド民謡です。

2017年07月17日




ハミルトン・コスタ作曲。
殆ど知られていないようですが、とてもきれいな曲です。
YouTubeでも上げている人は見かけないレア曲です。

ギャラリー
  • Un soupir from Trois pièces nostalgiques
  • グリーンスリーブス ~ ギターソロ
  • グリーンスリーブス ~ ギターソロ
  • 赤いスイートピー ~ウクレレソロ
  • プーヤ・ライモンディ ~ オリジナルギター曲
  • 49 ~ オリジナルギター曲
  • 芭蕉布 ~ウクレレソロ
  • 星の散歩 ~ウクレレソロ演奏(ボサノバ)
  • ウェーブ (波 WAVE) ~ ウクレレソロ (ボサノバ)
  • ライブドアブログ